IMG_1890

横浜駅の隣【新高島駅】のすぐそばにあった「ベイサイド迎賓館・ベイサイドガーデンクラブ」は、2015年の1月31日に閉館し、2016年春に赤レンガ倉庫の傍に移転オープンしました。

 

真っ赤な絨毯の大階段は覚えている人も多いのではないでしょうか。

 

以前の迎賓館が建っていた場所はすでに跡形もありません。

 

迎賓館ベランダは新しく生まれ変わり、コンセプトも大幅に変わりました。

グランドオープンのベイサイド迎賓館ベランダとは

img_2761

迎賓館はBAYSIDE GEIHINKAN VERANDA minatomirai(ベイサイド迎賓館 ヴェランダ みなとみらい)としてグランドオープンしました。

 

場所は赤レンガ倉庫から目と鼻の距離で、みなとみらい線のみなとみらい駅から徒歩10分ほどでしょうか。

 

アニヴェルセルみなとみらいよりも海側に近い場所に位置しており、周辺スポットには臨港パークやぷかり桟橋もあります。

実はこの式場【マリン&ウォーク横浜】という商業施設と同じ敷地内にオープンしています。

 

マリン&ウォークとは横浜では最新のデートスポットでもある

img_2759

マリンウォーク横浜とはショッピングや海を眺めながらの食事や散歩、その場にいるだけで非日常感が味わえるような商業施設です。

話題の【天使の羽】のインスタスポットもありますよ。

 

結婚式場【迎賓館 ベランダ みなとみらい】と同じ敷地内にありイメージコンセプトも同じです^^

マリンウォークと結婚式場ベランダのコンセプトとは?

ベランダ チャペル

このマリンウォークと結婚式場【ベランダ】のテーマはアメリカ西海岸のカリフォルニアです。(こちらの写真はHPからお借りしました)

 

【ベランダ】は自由な風土のビーチタウンをモデルにしたオープンな結婚式のスタイルを提供することがコンセプトのようです。

 

式場の立地から考えるとみなとみらいのオーシャンビューをバックに壮大なウェディングが出来ることが最大のア ピールポイントとしています。

 

みなとみらいの海を独り占めしているかのような感覚になるはずです。

 

これはアニヴェルセルみなとみらいを上回る高ロケーションではないでしょうか。

少人数でのウエディングプランも導入している

ベランダ ルーム

今回のBAYSIDE GEIHINKAN VERANDA minatomiraiでは少人数ウエディングも可能になっています。

 

最近の風潮では、楽婚やスマ婚など出来るだけ短期間で、かつ少人数で時間をかけずに挙式をしたいカップルが増えていますので、これは当然の流れなのかもしれませんね。

 

どうやら10名様から結婚式を手配することが出来るみたいです。

 

一方のアニヴェルセルみなとみらいでは、休日だと50名以上のまとまった人数がいなければ挙式できませんので、そこは差別化になるかなと思いました。

 

迎賓館ベランダは少人数から大人数まで、様々な挙式のスタイルにも臨機応変に対処でき、まさに自由なカリフォルニアスタイルの結婚式場になりそう です。

テーマはかわいいよりもカッコいい結婚式

式場にはよくありがちなお城のような造りではなく、ビーチにたたずむアパートのような外観で、構造もウッド調でさわやかです。

まさに西海岸のサーファーズハウスを彷彿とさせます。

 

迎賓館ベランダのブライダルフェアに参加するにはゼクシィネットから予約ができます。

もし横浜みなとみらい周辺で挙式を考えている人がいればためしに参加してみるといいと思います^^

おそらく、オーシャンビューを最優先にするなら横浜エリアの式場ではナンバー1ではないでしょうか。

 

ゼクシィネットで検索する場合は検索窓に【ヴェランダ】と入力すると詳しい日程やフェアの情報が見れますよ。

※【ベランダ】だと検索結果に引っかからないので注意です。

ヴェランダ

土日は無料で試食ができるフェアを開催しています。

ブライダルフェアの帰りは、山下公園や赤レンガ倉庫、マリン&ウォークなどでまったりするのもおすすめです^^

→ゼクシィネットで【ヴェランダ】を検索する