ご祝儀一万円

結婚式でのご祝儀をいくら包めばいいのか?

これはけっこう悩む人も多いと思います。

 

そもそもご祝儀とは、おめでたい出来事があったときにお祝いに贈る金品のことを指します。

その代表例としては、結婚式、誕生日、七五三、成人式、就職祝い、進学祝い、引っ越しが挙げられます。

 

上記の場面で贈るお祝いも「祝儀」と呼ばれています。

包み方や飾りの選び方まで、そのイベントやお祝いを受ける人との関係によって変わってきますので、あらかじめ勉強しておかないと恥をかいてしまう恐れがあります^^;

一万円は非常識?友人が結婚した時に包むご祝儀の相場

ご祝儀一万円

一般的な「友人」という関係であれば3万円が相場だといわれています。

年齢的な視点から考えると24~30才ぐらいなら3万円で、30才以上なら3万円~5万円です。

3万円は特に多くも少なくもないので無難な金額だとされています。

結婚式には出席してお祝いしたいけどどうしても3万円を出すのは厳しいという人もいると思います。では3万円以下だとやっぱりいけないのでしょうか?

相場の3万円以下だと失礼なのか

ご祝儀一万円

以前は偶数の金額はふたつに割れるので結婚式には偶数は避けるべきだといわれてきました。

しかし、最近は2万円もかなり一般化されてきたみたいです。

気になるのであれば、10,000円札1枚、5,000円札を2枚入れたりしてわざと3枚にしたりすると良いですね。

そうすると、「わざわざ3枚に配慮してくれた」と相手に気持ちが伝わると思います。

2万円なら学生や一人暮らしの人でもなんとか工面できるレベルかなとは思います。

それでも「2万円もちょっと厳しいんだよね…」という人も結構いたりするのも事実ではないでしょうか。

 

わたしの友人で休職中の人がいましたが、本当に厳しかったようで、友人の結婚式で1万円を包んだようです。

相場が3万円だという雰囲気がありさすがに1万円って…と思う人も多いのではないでしょうか。

 

これって意外にある話なんです。ネット上でご祝儀が一万円だった新郎新婦側の感想を集めてみました。

ご祝儀一万円だった新郎新婦の意見

『金額の大きさ=祝福の大きさではないですが、正直ショックでした』

『上司だから引き出物も一番高いランクにしたのに』

『ある程度、ご祝儀を想定していたのにどうしよう』

『結婚式は料理、ドリンク、引出物とあなたの手元にはいるものだけで2万3千円程度かかっています。ですのでご祝儀は最低でも3万円は包むべき。1万円なら式には最初から出席するべきではない』

 

ポジティブな意見もありました。

 

『そもそも来てくれただけでも十分ありがたいと思うべき』

『ご祝儀をあてにして結婚式を挙げること自体が間違い』

『多くの部下の結婚式に呼ばれていたり、ご家族がいたりと3万円は厳しい人もいる』

これは、相手との信頼関係が大きく関わっているのがわかります。

ご祝儀一万円しか払えないときは欠席するべきか?

ご祝儀一万円

本当に仲のいい友人でしたら新郎新婦は「お金なんていいから来て欲しい」と考えるのではないでしょうか。

式に来て欲しい友達なのに、たかだかお金のことで欠席されて悲しく思う人もいます。

 

しかし、どちらかというと否定的な意見が圧倒的に多いみたいですね^^;

その中でも、1万円しか包めないのであれば最初から参加しないことを勧めている人が多いですね。

なかにはこんな意見もありました。

『相手に聞いてみましょう』

これは、相手との信頼関係がかなり密なら可能ですけどちょっと気が引けますかね。

『ご祝儀一万円しか払えないんだけど出席してもいいかな?』と聞かれても新郎新婦は困ってしまうかもしれませんね。

 

1万円ではちょっと少なく感じてしまいますが、あなたと式を挙げる人の関係の深さを考慮して決めるのが良いでしょうね。

 

私の友人の1万円を包んだ人は、中学校時代に同じ部活だっただけでほとんど会話もしたことが無く、みんなが呼ばれているから仕方なく出席したようです。

 

色々な意見はありますが、ほとんどの人が3万円ほどを包んでいる中で自分だけ1万円だと少し目立ってしまうのも事実なので、どうしても1万円以上払えないのであれば最初から参加しないのもありかもしれませんね。

 

色々な事情がある人もいると思いますが、「1万円だから絶対に参加しないほうが良い」とかそんなことはありません。

1万円だろうが、わざわざ時間を割いて出席してくれるだけでも新郎新婦は嬉しいと思います。

相手との関係性で決めるようにしてくださいね。