つい最近、【ナシ婚】について

ニュースで取り上げられていました。

 

ナシ婚とは、結婚をする際に披露宴を行わず、

婚姻届を提出する(入籍)のみで済ませることです。

 

 

ある統計では、1年間で結婚した夫婦は67万組。

しかし、挙式・披露宴の数は35万件だったそうです。

 

約半数の夫婦は結婚式を挙げていないということがわかりました。

 

結婚式を挙げない夫婦の理由

 

【お金がかかる】

【結婚式以外のことでお金を使いたい】

【結婚式の定番の流れが嫌だ】

【時間がない】

【めんどくさい】

 

という意見が多いです。

 

 

やはり金銭的な理由が一番ですね。

 

それでも結婚式を挙げたほうがいい理由

 

実は私たちも入籍だけで、

結婚式は挙げなくてもいいと思っていました。

 

入籍をしてもしばらくは式場も探していませんでした。

 

 

なぜ結婚式を挙げることになったかというと、

母親から「挙げなさい」と言われたからです。

 

その言葉がなかったら私たちも挙げていなかったと思います。

 

結婚式は誰のためのものか

 

ナシ婚が多い中でも

結婚式は挙げた方がいいと私は思っています。

 

 

結婚式とは自分たちのためだけにやるものではありません。

家族、親戚、友人、上司たちに

感謝の意味や、2人でやっていく

という誓いの場でもあります。

 

まわりの人の為にも挙げたほうがいいと思います。

 

家庭の事情もあって挙げれない場合

 

しかしそれぞれ事情があったり、

悩みがあって挙げれない夫婦もいると思います。

 

 

今は【二人だけの結婚式】というのも流行っています。

 

ハワイやグアム、

沖縄や軽井沢などのリゾート地で

2人で教会式をする人も多いようです。

 

結婚式を挙げるといろいろな気持ちが変わる

 

私たちは親族のみ15人で結婚式を挙げました。

結婚式を挙げる前と後では、

両親や家族に対する気持ちが変わりました。

 

感謝の気持ちを伝えるいい機会だと

思いますしけじめがついたと思います。

 

もちろんパートナーとの絆も

深まった気がします。

 

 

実際に挙げる気がなかった私達ですが、

今では挙げて本当によかったと思っています。